畳にマットレスを敷いた時のカビ対策!今すぐできる対処法6つ。

掃除

毎日雨が続くこの季節。洗濯物がなかなか乾かなかったり、布団が干せなくてスッキリしませんよね。

とくに畳の上に布団やマットレスを敷いていると、「じめじめしていて気持ちよく眠れない…」「いつの間にかカビが生えていた!」なんて悩みも…。

わかります!カビが生えたところで寝ていたなんて気づいたら、ショックは大きいですよね。

気付かずにカビを吸い込んでしまって、健康被害が出てしまうなんてことも…。そうなる前に対策しておきたいですよね。

この記事では、畳やマットレスにカビが生えてしまう原因と、効果的な対策をご紹介します。これを読んで、カビを撃退して気持ちよく過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

畳やマットレスにカビが発生してしまう原因とは何なのか?

カビが生える条件とは

畳やマットレスにはなぜカビが生えてしまうのか、気になりますよね。その最大の原因は「湿度」なんです。カビが生えやすくなる主な条件は3つあります。

・湿度が65%以上
・温度が20~40度
・カビにとっての栄養がある

この条件が揃うと、カビが発生しやすくなってしまいます。なかでも特に気をつけたいのが湿度。

湿度が高い浴室・キッチン・洗濯機なんかもカビが生えやすいですよね。家の中にはカビが生えやすい条件が揃ってしまう場所が意外と多くあるんです。

なぜ畳やマットレスはカビが生えやすい?

畳はフローリングよりもずっと水分を吸収しやすい素材です。そこに布団やマットレスを敷くと水分を溜め込んでしまって、カビが生えやすい環境ができてしまうんです。

・たくさんかいた汗(湿度)
・眠っている間に上がった体温(温度)
・人間の体から出る皮脂や髪の毛やマットレスから出るほこり(栄養)

カビが生えやすい条件が揃ってしまいましたよね。だから、畳やマットレスはカビが生えやすくなってしまうんです。

畳やマットレスのカビ対策に最適で効果的な方法とは?

畳やマットレスにカビが生えてしまうと大変!そうなる前に、しっかり対策をしておきたいですよね。

一番効果的な方法は「乾燥させること」。カビが生えてしまう最大の原因である「湿度」をなくせばいいんです。畳やマットレスを乾燥させる方法をご紹介しますね。

マットレスや布団を敷きっぱなしにしない

湿って熱がこもった畳とマットレスを、密着させた状態で長時間置いておくと、カビが生えやすくなってしまいます。ちょっと面倒でも、毎日畳とマットレスを離して乾燥させましょう。

マットレスや布団を干す

畳とマットレスを離したら、そのままマットレスや布団は干してしまいましょう。

「マットレスは大きくて外に干すのが大変!」というときは、室内の風通しがよい場所に立て掛けておくだけでも大丈夫ですよ。

窓を開けて換気する

畳やマットレスだけではなく、部屋も換気をして乾燥させましょう。晴れた日は窓を開けておくといいですよ。雨の日や外出などで窓が開けられない日は、エアコンのドライ機能や除湿器を使って乾燥させてくださいね。

畳とマットレスのあいだに「すのこ」と「除湿シート」を敷く

「すのこを敷くだけじゃだめなの?」と思いますよね。すのこを敷いても畳とマットレスのあいだにできる隙間はごくわずか。これだけではカビ対策としては不十分なんです。

すのこを効果的に使うには、除湿シートを敷きましょう。両方使うことで、効果が上がりますよ。

それでもカビが生えてしまったらどうすれば良い?

「しっかり対策をしていたはずなのに、いつのまにかカビが生えてしまった~!」なんてお困りのあなたに、畳やマットレスにカビが生えてしまった場合の対処方法をご紹介します。

畳の場合

用意するものは、エタノールと酢。酢は薄めて使います。

スポンサーリンク

まず、エタノールをスプレーボトルに入れ、カビに吹き付けて除菌します。エタノールは蒸発するので水分が残ることはありません。

次に、薄めた酢でカビが生えてしまったところを部分的に拭き取ります。これは水分なので、広範囲ではなく部分的に拭いてくださいね。酢はカビの臭い対策になりますよ。

最後に、乾いた布で拭いて畳を乾燥させて、部屋をよく換気してください。

ついつい「まずは掃除機で…」とやってしまいたくなりますが、これはNG!掃除機をかけるとカビの胞子が舞い上がって、それをあなたが吸い込んでしまうことに…。

掃除機で吸ったカビの胞子は、また掃除機から排出されるので、空気はきれいにならないんです。最初は空気を動かさずに、カビを除菌して拭き取ってから、換気してくださいね。

マットレスの場合

用意するものと手順は、畳の場合と同じです。ただ、布についてしまったカビを落とすのはとても大変。アルコールでカビの除菌自体はできますが、黒カビの色は残ってしまうことも。

畳と同じ方法で落ちなかった場合は、専門のクリーニング業者に相談するか、買い替えを検討しましょう。

まとめ

毎日使うものだから、畳もマットレスもきれいにして気持ちよく過ごしたいですよね。カビ対策には、しっかり除湿して、こまめな掃除を心がけてみてくださいね。

 

スポンサーリンク