子どもの日の食べ物!初節句の場合は何が適している?

生活

5月5日はこどもの日ですね。「端午の節句」といって男の子のこれからの成長を祝う大事な日です。

「おじいちゃんおばあちゃんたちを呼んで一緒に!」という方も多いのではないでしょうか。では5月5日、特に初節句を迎える場合は、何を用意すればいいのでしょうか。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

初節句を迎える赤ちゃんが子どもの日に食べているものとは?

まず初節句とは、赤ちゃんが生まれてから初めて迎える節句をいいます。男の子の場合は5月5日の端午の節句です。

鎧兜やこいのぼりを飾ったり、祖父母や親せきを招いたりして、赤ちゃんの健やかな成長を願ってお祝いします。最近では身内のみでお祝いする家庭も増えています。

また、早生まれの場合は翌年に延ばすことが多いです。生まれたばかりの頃はママの体調にもまだまだ気遣わないといけないですし、お宮参りやお食い初めなど、行事もたくさんなので翌年の方がゆっくりお祝いできますよね。

そして、こどもの日の食べ物と言えば「柏餅」ですね。

柏の葉は、古い葉が落ちる前に新しい葉が生えてくるので、家系が絶えないことを意味し、子孫繁栄を象徴する縁起物として端午の節句で食べられています。

また、ちまきもこどもの日に食べるものですよね。ちまきの由来は中国の故事にあって、5月5日に亡くなった屈原(くつげん)という人の死を供養するためのものだったといわれています。

無病息災の意味があり、子供の成長の無事を祈るために食べられます。

こどもの日の食べ物で柏餅やちまき以外なら何がいい?

こどもの日に食べられる代表的な食べ物を2つ紹介させていただきましたが、それだけ・・・というのもなんだか寂しいですよね。

そのほかにも縁起のいい食べ物、赤飯やお寿司、お吸い物、豆、海老や鯛などでテーブルを飾ってみてはいかがでしょうか。

また、離乳食をこどもの日らしく少しアレンジしてみても華やかになっていいですね。いつもよりかわいくアレンジされたご飯を見れば、赤ちゃんもきっと喜んでくれるはずです。

ちなみに、筆者の息子は3月生まれなので、翌年の5月にお祝いをする予定です。

まだ何も計画は立てていないのですが、お祝いするころには1歳2ヶ月になるので、息子の好きな食べ物を作ってあげたいなぁと考えてます。

「子どもの日」の贈り物!赤ちゃんへはどんなプレゼントが喜ばれる?

こどもの日に必ずプレゼントを用意する必要はありませんが、せっかくなら何か記念にプレゼントを贈ってあげたいですよね。ということで、こどもの日に贈るプレゼントを紹介していきます。

こどもの日の定番!兜や鯉のぼり

おじいちゃんおばあちゃんなら、兜やこいのぼりを贈るとされています。初節句の場合の兜やこいのぼりは、1か月前から飾るので余裕を持って贈りましょう。

また兜は、妻の実家から贈るのが基本ですが、最近は夫の両親と共同で贈るケースも増えているので、事前に周りと相談して決めた方がよさそうです。

また、最近はマンションやアパートに住んでいる方も多く、あまり大きなものはスペース的に飾れない場合もあるので、ケース入りのコンパクトな兜を購入される方も増えています。

子どもの両親に、自分たちの好きな兜を選ばせたいのであれば、その購入代として現金を贈るのもありでしょう。

友人のママの子供へこどもの日にプレゼントを贈るならどんなものがいい?

友人などがプレゼントを贈るときは、知育玩具や衣服、オムツなどの消耗品が良いでしょう。

ネット通販では、鯉のぼりや兜のデコレーションのおむつケーキや袴ロンパースなど、節句に贈るのに喜ばれそうなものがたくさんあるので、ぜひ一度検索してみてください。

あと、プレゼントには手紙を添えましょう。自分がプレゼントをもらう立場だとしたら、プレゼントだけよりもほんの一言だけでも手紙が添えられているととても丁寧な感じがしますし、何より温かい気持ちが感じられて嬉しいですよね。

手紙の内容としては、お祝いのメッセージやこどもの成長を共に喜び、今後の健康を祈る内容、両親へのメッセージなどを添えると良いと思います。素直におめでとうの気持ちを伝えることが大切ですね。

スポンサーリンク

こどもの日には子供の写真を記念として撮影しておくとおすすめ!

あとは、ものではないのですが、筆者は記念撮影することをオススメします。

プレゼントを贈るのもお祝いするのもとても素敵だし思い出に残るのですが、どうせならその思い出を、その時のまま写真に残しておくのが一番いいのかなと思います。

一人目の時は大体の方が写真として残すのですが、二人目、三人目・・・となって育児にも慣れてしまうと簡単に済ませてしまう場合も多いでしょう。

しかしその中には「やっぱり写真に残しておくべきだった」と後悔される方もたくさんいらっしゃいます。

スタジオまで行く余裕がなくても携帯やデジカメなどでいいので、その時の思い出を写真として残すことをオススメします。

まとめ

以上、こどもの日の食べ物とプレゼントについて書いてみましたが、何か参考になったでしょうか。
色々書いてみましたが、まとめますと、

【初節句のこどもの日に食べられるもの】
・柏餅
・ちまき【それ以外の縁起のいいとされる食べ物】
・赤飯やお寿司
・お吸い物
・海老や鯛、豆など【初節句の赤ちゃんへの贈り物】
・おじいちゃんおばあちゃんなら兜や鯉のぼり、現金など
・親戚や友人ならおもちゃや洋服、オムツなど
・贈り物には手紙を添える

こどもの日は毎年お祝いする行事ですが、初節句となれば赤ちゃんにとって最初で最後の特別なお祝いですよね。ぜひ参考にしていただいて、素敵な初節句を迎えてくださいね。

 

スポンサーリンク